PCB廃油は業者でチェック│しっかりきっちり処分しよう

男性

産業廃棄物の扱い方

PCBとはポリ塩化ビフェニルの事を指しており、これは毒性がとても高く、産業廃棄物に指定されています。PCBに関しては人間の体内に蓄積してしまうと中毒を引き起こし、皮膚や歯肉に異常を引き起こします。また、女性の場合であると子宮内膜症などといった病気や、胎児に対する影響もあります。これに関しては完全に治療して治すことは難しい病気とされています。この中毒の原因として挙げられるのは食用油に廃油が混入していたなどと言ったものが挙げられ、過去には「カネミ油症事件」といって社会問題になったこともありました。現在では食べ物に対する規定が厳しくなったことから日本においては少なくなりましたが、発展途上国などにおいてはまだ問題視されています。

それでは産業廃棄物であるPCBの含まれた廃油の取り扱い方はどのようにすれば良いでしょうか。廃油に関しては環境省によって処理の厳しい基準が設けられており、それに従った処理を行わないといけません。ちなみにPCBを含む廃油の扱いに関しては処理する場合にしても、保管する場合にしても環境に影響を及ぼすために各都道府県知事に毎年届け出を出す必要があります。処理に関しては、PCBなどといった産業廃棄物の処理を専門に行っている業者に依頼して処理を行ってもらうように決まっており、管理も大変であるので出来るだけ早く処理を依頼するようにしましょう。PCBを含んだ廃油は高濃度のものはもちろんですが、低濃度であっても蓄積すると高濃度同様被害を及ぼすので低濃度であっても業者への依頼を忘れてはいけません。